コーヒーのフェアトレード

フェアトレードは公平貿易・公正貿易などともいわれ発展途上国の製品や原料を公正な値段で買い取ることによって立場の弱い発展途上国の生産者や労働者を自立させる貿易です。
フェアトレードで有名なのはカカオですがコーヒーもアフリカを原産国に多くもつもので農園や生産者、労働者を通じてコーヒーのフェアトレードを進めることは立場の弱い発展途上国の自立を促し生活を安定させるために意義があります。

 


 

フェアトレードでは通常のコーヒーだけでなくオーガニックや手摘みの豆など希少価値の高いコーヒー豆を生産する農園も増えており消費者にも喜ばれるコーヒーのフェアトレードが推奨されています。
またコーヒーのフェアトレードを通じて原産国の栽培の仕方を考えたり、工夫することによって森林保全や環境保全を考える余裕につながる事実もあります。
コーヒーを消費する、適正な価格で購入するというフェアトレードはコーヒーを楽しみながら世界に貢献できる素晴らしいシステムであることから近年先進国では推奨されています。

世界的に有名なコーヒーメーカーや飲料メーカーがコーヒーのフェアトレードを進めることによって我々消費者にも簡単にコーヒーを通して発展途上国への支援が行えるということはコーヒーのフェアトレードの大切な役割だと言えるでしょう。