水出しコーヒー

コーヒーは独特の芳醇な香り、苦味、酸味など様々な要素が混ざり合って一杯のコーヒーの味を作り出しています。
ただコーヒー好きの方にはおいしく感じられるこういった要素も、苦味や酸味が苦手と感じられる方もいらっしゃるようです。
そこでおすすめしたいのが水出しコーヒーです。

日本でも最近有名になった水出しコーヒーですが、元々はオランダ領時代のインドネシアで開発されました。
従来の入れ方では強い苦味が出てしまうロブスタ種のコーヒー豆をおいしく飲むための方法として考え出された方法です。

 


 

高温で一気にコーヒーの要素を抽出する従来の方法ではなく、長時間かけてコーヒーの要素を抽出する水出しコーヒーは、強い苦味や酸味が取れまろやかな味わいになります。
水出しコーヒーはアクやタンニンが少ないので、苦味や酸味などの雑味がなくそれでいて深いコクと風味が残る一杯に仕上がります。

最近では従来の入れ方で楽しめるコーヒー豆の場合でも、さらに雑味がなくまろやかな味にするために水出しコーヒーを好んで飲まれる方も多くなりました。
入れたてが一番風味豊かな従来のコーヒーとは異なり、水出しコーヒーは酸化もしにくいので冷蔵庫などでの長時間保存にも耐えられるというのも嬉しいところ。

コーヒーが苦手な方にもコーヒー独特の深いコクを味わって頂くためにぜひオススメしたい飲み方です。