コーヒー 効能 効果 ②

これらを一つ一つ見ていきましょう。

まずコーヒーの整腸作用ですが、朝にコーヒーを飲む主な理由にカフェインによる覚醒効果だけでなく『整腸作用』のために飲むという理由も挙げられているという結果が出ています。
コーヒーの香りのためかそれともただ単に日々の習慣かのように言われていましたが、最近の研究でコーヒーにはコーヒーオリゴ糖が含まれ迷信ではなく本当に整腸作用があるという結果が出ました。
胃で消化されることなく直接腸に届くコーヒーオリゴ糖は便意で悩む多くの方にも有益な飲み物であるということが分かっています。

 


 

次に、コーヒーアロマがもたらす抗酸化作用やストレス緩和作用も認められています。
入れたてのコーヒーは独特の香りが鼻腔を刺激し、コーヒーを飲むために喫茶店に入るとそれだけでリフレッシュするという方も多いと思います。
これはコーヒーアロマと呼ばれる成分による効果で、様々なコーヒーの要素が合わさり抗酸化作用やストレス緩和効果があるということがラットによる研究で明らかになりました。
ただこれは入れたてのコーヒーにだけ現れる効果で、5分も経過すると消えてしまうので缶コーヒーでこの効果を期待するのは難しいようです。

そして、コーヒーの抗酸化作用としてコーヒーアロマに加え大きく効果が期待できるのがコーヒーポリフェノールです。
最後の章ではこのコーヒーポリフェノールや他の効果について見ていきます。