コーヒーの資格

コーヒーに関連する資格で有名なのはバリスタですが、この資格は欧州スペシャルティーコーヒー協会のものでバールで働きエスプレッソやカプチーノなどコーヒーを入れる者が有することが望ましい資格で3段階のレベルからなる技能認定試験を実施しており、筆記、口頭、実演の各試験に合格するほか実務経験が必要とされます。

一方、日本のコーヒー資格にはコーヒーマイスター、コーヒー鑑定士、コーヒーコーディネーター、コーヒー検定などが存在しています。コーヒーコーディネーターやコーヒーインストラクターなど初心者でも無理なく挑戦できるものが多いです。

コーヒー通ではなくコーヒーのプロを目指したりカフェのオーナーになる、飲食店を開業するなどワインソムリエに近いコーヒーの専門家として近年注目を浴びているコーヒー関連の資格は美味しいコーヒーの入れ方から、コーヒー豆の知識、焙煎・抽出方法、オリジナルブレンドやコーヒーの楽しみ方を総合的に学べることから男性だけでなく女性に人気の資格となっています。

 


 

最近ではエスプレッソやカプチーノだけでなくラテアートという温かいミルクをフォームしたもので絵柄を描くラテアートなるものも人気でありしばしば雑誌やテレビネット等で話題になっています。

このような新しいコーヒー資格が生まれてくるのも時間の問題であるようにコーヒーにアート性を持たせたラテアートも広く人気を呼んでいます。