おいしいコーヒー

コーヒーはその香り、苦味、酸味など複雑な味わいが混ざり合って生まれることから世界中の人々の心を掴んで離さない飲み物になりました。
「自分の生活にコーヒーは欠かせない」と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ただ一口に『おいしいコーヒー』と言っても人によっておいしいと感じる点は様々。
産地によっても苦味や酸味が全て異なるコーヒーは、好みが分かれるところです。

まずは自分の好きな味のコーヒーを見極める所からスタートしましょう。
苦味が好きな方はインドネシア産、酸味が好きな方はエチオピア産。
そして苦味も酸味も苦手だけれどもコーヒーのコクを楽しみたいという方は水出しコーヒーを選ぶと良いでしょう。

 


 

次においしいコーヒーにとって大事なのが水と温度です。
水は硬水の方が適していると言われていますが、水で入れる水出しコーヒーの場合も同様、一度煮沸した水で入れるのが鉄則です。
できるだけ不純物が入らないように、特にインスタントコーヒーの場合は水が大きく味を左右すると言われているので必ず煮沸することを心がけましょう。
そして温度は沸騰したての100度のお湯ではなく、沸騰したお湯を30秒程おいて90度~95度にするのが一番コーヒーには適していておいしいコーヒーを入れることができます。

インスタントコーヒーでも少しの工夫でおいしいコーヒーが出来上がる水と温度、ぜひ覚えておいて下さい。