アイスコーヒー

一般的に世界ではホットでコーヒーを飲むところが多く冷たいコーヒーを飲む習慣があまりないようですが日本では夏場や暑い時期に喫茶店やオフィスでアイスコーヒーを愛飲する方も多いでしょう。アイスコーヒーを美味しく飲むためには大切なことが2つあります。まず1つはコーヒーの種類、特に豆と焙煎です。アイスコーヒーはホットに比べ香りが立ちにくく冷たいことからコーヒーの種類は苦み、酸味、香りが強い物の方がむいているでしょう。さらに焙煎時間を長くしてロースとする方がより風味が引き立ちます。深入りの焙煎で作ることが一般的です。次に大切なのはアイスコーヒーは冷蔵保存できることからついつい作り置きをし過ぎてしまうことが多いようです。どんなコーヒーも入れたてが一番美味しく時間を追うごとに風味や香りが劣化していきます。アイスコーヒーを作った後は必ず冷蔵保存し出来るだけ早めに飲みきったり毎回必要な分だけコーヒーを入れて新鮮な物を飲むように心がけましょう。

 


 

またアイスコーヒーにはクリームやシロップだけでなくリキュールを入れて独特の甘みや風味を足してデザートとして好まれる場合も多いです。夏場にコーヒーの消費量が落ちる海外でもフラペチーノやシェイクとして大手チェーンが売り出したアイスコーヒーの新しい飲み方が人気を博し夏場のコーヒー消費量を後押ししています。