缶コーヒーの温め方

特に寒い季節、温かい飲み物が多くなります。毎日買う人も多いのではないかと思う缶コーヒー。外で缶コーヒーを買うと温かくてホット(笑)できる瞬間です。
しかし買ったけど冷めてしまって結局全部飲まなかったとか、まとめて買ったけどその都度温かい缶コーヒーにして持っていきたいとか自宅で飲みたい場合、そんな缶コーヒーをもう一度温めたい場合はどうする方法が正しいのでしょう。

自宅で飲む場合はマグカップなどに移してレンジで温めましょう。持っていきたい場合は、お鍋などで10分~20分湯せんする方法がベストでしょう、その際には水の時から缶コーヒーを入れておきましょう。取り出す時には熱いので火傷に注意して下さい。急いでいるからと言って間違っても缶コーヒーをレンジに入れるの爆発するおそれがあるので絶対にやめましょう。

 


 

これは温め方とは違いますが、車を運転する人もドライブや眠気覚ましに缶コーヒーは欠かせないと思いますが、すぐ飲まないといつの間にか冷めてますよね。そんな時は吹き出し口に付けるタイプの缶コーヒーホルダーを付けておくと冬は暖房の熱風で冷めにくく、逆に夏は冷房の冷風で冷たいままです。エアコンも無駄にもならず缶コーヒーもいつもよりは長い時間、最適な温度で美味しく飲めて一石二鳥でエコにもなりますね。あなたも快適な缶コーヒーライフを。