コーヒー入れ方 その1

コーヒーの入れ方には様々な方法がありますがここでは美味しいコーヒーの入れ方をご紹介します。

簡単で美味しくコーヒーを入れられると自分だけでなく家族や友人恋人来客時にも喜ばれますね。簡単で美味しいコーヒーの入れ方はペーパードリップを使用することと温度が大切です。沸騰したお湯を少し置いて85℃くらいがコーヒーの香り成分を引き立たせる上で大切です。サーバーに数滴落ちるのを確認しながらゆっくりと丁寧に心をこめて注ぎます。ペーパードリップがコーヒーで膨らみ過ぎることのないように焦らずゆっくりと注いでいきましょう。

ここで気を付けて欲しいのはサーバーにコーヒーを溜めすぎないことです。最後の方まで抽出し過ぎるとコーヒーに過度な苦みが出て美味しくなくなってしまうコーヒーの入れ方になります。

 


 

ぺーパードリップにコーヒーを注ぐ入れ方は円を描くようにゆっくりとお湯を注いでいきます。イメージとしてはひらがなの「の」という文字を描く感じでお湯を注ぐのが一般的です。水道水のお湯でも十分に美味しいコーヒーを入れられますが必ずよく沸騰させて使用するのがおすすめです。

コーヒーを入れる適温は一番重要だと言っても過言ではなく、渋みのもととなるタンニンが溶けだす温度を考えてコーヒーを入れると美味しくコーヒーを入れられます。また一度に大量のコーヒーを入れるのではなくカップ4杯程度を目安に新しいペーパードリップを使用する方が美味しく入れられます。