コーヒー豆の保存

家庭でも様々な楽しみ方をされているコーヒー。

コーヒー豆を挽く所から自宅で楽しまれている方もいらっしゃると思います。
海外のお土産で頂いたコーヒー豆や、なかなか手に入れることができない貴重なコーヒー豆を手に入れることができた時、大事なのがコーヒー豆の保存です。

コーヒー豆にとって香りは命とも言えます。
この香りをできる限り落とさないよう保存方法には以下の点に注意をして下さい。

 


 

まず大事なのは容器です。
できれば密閉できるガラス瓶、もしくは密閉できる保存用袋を用意して下さい。
そして1ヶ月以内で飲みきれる位の量の場合は冷蔵庫で保存、そして1ヶ月以上の場合は冷凍庫保存をして下さい。

その際注意して頂きたいのは、他の食品から匂いが移らないこと。
せっかく良い香りの豆を良い状態のままで保存したいと考えて冷蔵庫に入れているのに、他の食品の匂いが移って台無しに。などということにならないよう必ず密閉容器で保存して下さい。

ただしあくまでコーヒー豆の保存は一時的なもので、その香りや風味を完全に最初の状態のまま維持することはできません。
最初のままとは言えないまでも風味が残る期間は、粉の場合は2~3週間、コーヒー豆の場合は1~2ヶ月と言われています。
できるだけこの期間内に飲みきるようにして下さい。

コーヒー豆の保存状態に注意をして、できるだけ長くお好みのコーヒー豆を楽しんで頂きたいと思います。