コーヒー カフェイン併用療法

コーヒーに含まれるカフェインを抗がん剤と一緒に使うことで、殺細胞効果が増強されて抗がん剤の効果が上がり抗がん剤が効いていないケースも改善される場合があるそうです。またカフェインには抗がん剤が破壊したがん細胞のDNAの修復を阻害する作用があることから近年カフェインを抗がん剤治療と併用するカフェイン併用療法が注目されてきました。またカフェインにはがんを抑制する効果があることも近年の研究データから実証されているそうでコーヒーなどでカフェイン摂取量の多い人ほど更年期後の乳がんや子宮がんのリスクが低くなっていることが分かりました。コーヒーには、糖の吸収を抑えて、腫瘍細胞の増殖を促すインシュリンの過剰な分泌を防ぐという作用もあり、がん治療やがん予防だけでなく糖尿病の予防にも役立つと考えられています。

 


 

国立がん研究所によると1日に5杯以上コーヒーを飲む人の肝臓がんの発症率が飲まない人の4分の1にとどまるというデータが発表されたりその他にも大腸がんや胆石、パーキンソン病の予防にも効果があるとされています。また高濃度のカフェインの過剰な取り過ぎにより細胞死が起こることを利用して効果の高い抗がん剤を開発する取り組みが開始されている。またカフェインには発がん性物質を抑えがんになる可能性の高い細胞を壊す効果があることから皮膚がんや喉頭がんへの研究も進んでいるようです。