コーヒーの飲みすぎ

世界中の人々に愛されているコーヒー。
日本でも手軽に飲めるインスタントコーヒーから自宅でも本格的なコーヒーマシン。
外出先でもコーヒーを見ない場所はない位定番化している飲み物です。

子供の頃はなんでこんな黒くて苦い液体を飲みたくなるのか分からないと思っていたはずなのに、今では眠気覚まし、リラックス効果、純粋に味や香りを楽しむ、など様々な効果を求めて普段の生活にコーヒーが欠かせなくなっている人も多くいるのではないでしょうか。

 


 

朝起きてすぐのコーヒー、朝食を食べながらのコーヒー、会社についてすぐのコーヒー、資料をチェックしながらのコーヒー、外出中の喫茶店でコーヒー、会議中の眠気覚ましのコーヒー、主婦の方も家事の合間合間のひと段落にコーヒー、と一日中コーヒーが手放せない方も。

ここで気になるのがコーヒーの飲みすぎによる副作用です。
眠れなくなる??胃を悪くする??頭痛がする??病気のリスクが高まる??

「コーヒーを控えなさい」と周囲から言われ、控えないといけないのかな?と思いながらも
なかなかコーヒーの魅力から抜け出せない人もいらっしゃると思います。

もしかしたらコーヒーの飲みすぎで恐ろしい副作用があるかも?
どれ位が適量?コーヒーには効果ばかりで副作用なんてあるの??

そんな日々の小さな不安を解消するために、コーヒーの飲みすぎによる副作用についてまとめていきたいと思います。