コーヒー アンチエイジング②

コーヒーのアンチエイジング効果についてさらに詳しく見ていきましょう。

肌や体内の若さを保つために女性の間で広まっている言葉ですが、もちろんアンチエイジングは男性にも関係します。アンチエイジングは見た目だけではなく体内の環境にも関係する言葉なのです。

 


 

そして、アンチエイジングを助ける物質として注目を集めているのが抗酸化物質であるポリフェノール。チョコレートに含まれるカカオポリフェノールやワインポリフェノールは有名ですね。これに加えてコーヒーの生豆に含まれるクロロゲン酸というポリフェノールが、高いアンチエイジング効果があるとして注目を集めています。

コーヒーに含まれるポリフェノールはワインより少し少なめですがほぼ同量、緑茶と比べるとほぼ倍の量になっています。コーヒー好きの方なら朝起きてから寝るまで、3~4時間起きに1杯は飲むという方も多いのではないでしょうか。

でもこれがワインならそうはいきません。摂取後3~4時間しか体内に留まらないと言われているポリフェノールですが、朝起きてすぐや仕事中にアルコールを含むワインを飲むわけにはいきませんよね。
また、カカオポリフェノールは苦味が強いため、チョコレートやココアにして飲む場合でも砂糖摂取が避けられません。

その点コーヒーはそのまま飲むことができるので、飲む量・飲み方共にポリフェノールを摂取する最適な飲み物と言えます。

コーヒーでアンチエイジング。この効果を考えるとさらにコーヒーを楽しむことができそうですね。