コーヒーダイエットの方法 その1

コーヒーダイエットの方法で最も効果的な物は運動前の20~30分前にコーヒーを飲みます。
コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸にはリパーゼという脂肪を分解させる消化酵素を活発にする成分が含まれています。

脂肪は燃焼するまでに20分~30分程度の時間がかかるので運動前にコーヒーを飲むことがコーヒーダイエットの最も簡単な方法です。

 


 

ただ注意点がいくつかあります。まずコーヒーの摂取量を増やせば増やすほどコーヒーダイエットの効果が高まるわけではありません。1杯のコーヒーをゆっくりと時間をかけてリラックスしながら飲むことで痩せやすい脳を作っていくと考えられます。

さらにコーヒーダイエットの場合は砂糖、ミルク、クリーム等は入れずにブラックで飲むことがカロリーを抑えることになります。

市販の缶コーヒーに含まれる砂糖の量は驚きの量ですが缶コーヒーを飲んでも痩せないというのはここに問題があると思われます。

またコーヒーダイエットではアイスではなくホットコーヒーがオススメです。
これは身体を冷やさず温めることによって脂肪燃焼の促進や血流促進の効果を上げるためですがここで注意して欲しいことが一点あります。

先ほどコーヒーダイエットの方法で説明したカフェインとクロロゲン酸ですがクロロゲン酸は熱に弱く高温では有効成分が破壊されてしまいます。
そこでホットコーヒーで飲む時は80℃くらいが適温となります。