コーヒーの脂肪燃焼

コーヒーに様々な効能・効果がありますがコーヒーダイエットで特筆すべきなのはコーヒーの脂肪燃焼効果です。コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には脂肪を分解する消化酵素リパーゼの働きを活発にしてくれます。脂肪燃焼にはカテキンよりもカフェインが効果的なのはカテキンは食後に脂肪燃焼する作用はあっても空腹時には脂肪燃焼作用がないという研究結果が発表されていることからカフェインの方が脂肪燃焼効果が高いと言えます。

 


 

コーヒーの脂肪燃焼には重要な役割を持つカフェインですが緑茶や紅茶にもカフェインは含まれています。そこでコーヒーダイエットとしてカフェインを含むコーヒーダイエットがなぜ効果的かを検証していくとコーヒーには強いアロマ作用がありこの香りが嗅覚から副交感神経を伝わりリラックスをもたらすことになります。
コーヒーの脂肪燃焼効果は痩せやすい身体だけでなく朝の起きぬけをスッキリさせ覚醒させ日中の活動をスムーズに行うための準備をしてくれるのがこのアロマ作用です。

カフェインだけでなくクロロゲン酸も同じく脂肪燃焼効果があり血中の糖を下げてくれるのでコーヒーには2つの脂肪燃焼効果を持つ有効成分があります。
1日に3~4杯のコーヒーをホットでリラックスしながら飲むことがコーヒーの持つ脂肪燃焼効果を高めるオススメの飲み方になります。