コーヒーダイエットの効果

コーヒーダイエットの効果として脂肪燃焼だけでなく様々な効果があります。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で1日にコーヒーを3杯飲む人は紫外線によるシミが少ないという報告があります。
また善玉コレステロールにより動脈硬化を予防し自律神経を正常に保つことによって肥満を防止してくれます。

 


 

1日3杯のコーヒーをオリジナルの豆やドリップお気に入りの音楽とともに時間をかけてゆっくりと味わうことは日々の喧騒を忘れ自分を見つめる時間を持つことによってダイエットだけでなく身体の内側に目を向けるということから意識を改革させることにつながります。
コーヒーダイエットの効果を利用して健康な体作りと豊かな精神を作ることが太りにくい体質へと導きます。

またクロロゲン酸はガンを予防する効果としても知られているのでコーヒーダイエットの効果として痩せやすい体質だけでなくガン予防、糖尿病予防、生活習慣病予防に役立つと考えられています。
コーヒーダイエットの効果として役立つポリフェノールの1種がクロロゲン酸ですがコーヒーにはポリフェノールの王様、赤ワインに次いで緑茶よりもポリフェノールが多く含まれています。
カフェインとクロロゲン酸を上手に利用してコーヒーダイエットの効果を享受することがコーヒーダイエットを成功させる秘訣と言えます。