コーヒーの飲みすぎ 胃が痛い!?

「コーヒーを飲み過ぎると胃が痛くなる」という話もよく聞きます。
こちらもコーヒーに含まれるカフェインが大きく影響をしていると考えられますが、元々カフェインには血管収縮作用だけでなく様々な効果があり、その中に胃の働きを活発にする効果もあります。
ですので食後のコーヒーは利にかなっていて、食事をした後にコーヒーを飲むことで胃の働きが活発になり胃酸の分泌を促進してくれることによって消化が助けられます。

 


 

ただ、元々胃酸過多の方や胃潰瘍の方がコーヒーを飲むと胃酸の分泌が促進されることにより胃が痛くなることがあるのです。食べ過ぎで胃がもたれている方にはコーヒーは良い効果がありますが、胃酸が多く出ている方にはさらに胃酸の分泌が促進されることによって胃を荒らし胃が痛くなるのです。
ですのでこちらも一概に「コーヒーを飲むと胃が痛くなる。」とは言えません。

そして「ブラックコーヒーは胃に悪い」といってミルクや砂糖を沢山入れてコーヒーを飲む方もいらっしゃいます。ただコーヒーを飲むと胃が痛くなるとは全ての方に共通して言えることではないので、これも人によって、そしてその日の体調によっても変わります。

ミルクには胃に粘膜を張る効果がありますが、砂糖には胃を荒らす効果があるので、特に胃の持病がない方にはこちらも自分の体調や体質によって使い分けて頂きたいところです。