コーヒーの飲みすぎ 肌荒れ

「コーヒーを飲み過ぎると肌荒れになる。」
特に女性でコーヒー好きの方は一度は言われたことがある言葉ではないでしょうか。
では、本当にコーヒーを飲み過ぎると肌が荒れるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが多く含まれるため、(ブレンドコーヒー150mlあたり約150mg)カフェインの効果はその日の体調や体質によって身体に現れてきます。

 


 

「美肌」の定義は人それぞれだと思いますが、血行が悪くなって顔色が悪くなる人もいるでしょう。
カフェインには血管収縮作用があるため、血管が収縮することによってさらに血行が悪くなり顔色が悪くなることがあります。また、胃酸の分泌を活発にする作用もあるため、胃酸過多状態の方が飲むことによって胃を荒らす場合もあるでしょう。これによって肌荒れを引き起こす原因になる場合もあります。

ですので、「コーヒーを飲み過ぎると肌荒れになる。」これも一概に言えるわけではなく、飲む方の体質やその日の体調に大きく作用されるのです。

普段コーヒーを一日に何杯も飲むコーヒー好きの女性も、いつもは特に肌への効果が感じられない場合でも「今日は胃の調子が悪いな。」という日はコーヒーを控える方が良いでしょう。

あくまで体調・体質によるものですので、自分に合わせてコーヒーを摂取しうまくコーヒーの利点を取り入れるのが良いと言えるでしょう。